娘の大きな変化

ついこの間、小学校のドッチボール大会があったんです。
ドッチボール大会は毎年行われ、学年ごとに総当たり戦で行われます。

うちの娘は活発なタイプではなく、どちらかというと内気な性格。
これまで参加してきたドッチボール大会では、ボールに当たると泣いてしまいプレーに支障が出るほどでした。

1年生、2年生の頃は他のチームに負けると大泣きし、なだめるにも一苦労。

しかし、この間のドッチボール大会では大違い。
自らボールを取りに行き、投げられたボールをキャッチし相手にボールを当てるという行為を積極的に行っていました。
今までに見たことのないような娘の勇敢さに目を疑ってしまいました。

1つの試合に負けても泣くようなことはなく、次の試合を頑張ると意気込むようになっていました。

これまで泣いてどうしようもなかった娘が、たかが1年の間にこんなにも成長しているなんて驚かされました。
準決勝で敗れた時にはさすがに悔しそうで涙をにじませていましたが、決して大きく泣いたりせずにぐっとこらえていました。

この大会では残念ながら4位に終わりましたが、落ち込むこともなく「楽しかった」と言っていました。
子供の成長には日々驚かされますが、とても嬉しい1日でした。